生命保険はなぜ始まったの?【生保一般過程試験テキストまとめ】

昔から人間は家族間で助け合って生活してきました。

現在は大家族が少なくなり、家族の構成単位が小さくなったため、一家の主の経済面での負担が大きくなりました。
一家を支えるものが死亡や病気などで働けなくなると、日々の生活が困難になってしまいます。

この不安をなくすため、相互扶助の生命保険が始まったのです。

慶応3年(西暦1867年)

 福沢諭吉が欧米の近代的保険制度を紹介。

明治時代

 生命保険設立。