生命保険募集人の役割とは?【生保一般過程試験テキストまとめ】

生命保険募集人の仕事は、販売知識を身につけ、お客様のニーズにこたえ、意向にそった商品(生命保険)を発売、アフターサービスを行うこと。

満足した生命保険に加入できていないと思っていても、知識不足から契約・変更などの判断が難しいと感じているお客様が大半。

各家庭で必要とする保障は違うので、お客様の立場で様々なニーズに対応しなくてはなりません。

生命保険募集人は各家庭の生活設計を提案する、ライフコンサルタント。

生命保険は生活を安定させ、社会・経済面で貢献できる重要なものであることを気づいて頂き、安心して商品を選択できるよう、丁寧に説明し理解して頂く役割を担っています。